椅子のススメ⑥

こんにちは。 〔伝承の家〕設計の黒岩です。 世界に影響を与えたスツールのスタンダード 『スツール60』 デザイナー:アルヴァ・アアルト 発表:1933年 円形の座面に3本の脚が付いた“スツール60”は、あらゆる場所で見かけられる、 椅子の定番中の定番。皮肉な話、今や世界中にコピーが溢れています。完成 つづきを読む

和室があることのメリット

こんにちは、「伝承の家」福島屋です。 今回は、日本古来の文化である和室のメリットについてお話します。   和室は様々な用途に利用できることが挙げられます。 1 くつろぐスペースとして 「ちょっと横になりたいな」と思った時に、フローリングだと少し躊躇してしまいますよね。 和室があるとすぐ横に つづきを読む

外構照明のススメ④

こんにちは。 〔伝承の家〕設計の黒岩です。 今回は、外構照明のご提案④です。 外構照明における代表的な器具といえばアッパーライトですが、 下から上へ照らす方法は、外構照明の常套手段といえます。 ただし、器具の設置位置を間違えると照明効果は台無しになってしまいます。 一般的には、器具を樹木の手前側に設 つづきを読む

2月はなぜ短いのか?

こんにちは、「伝承の家」福島屋です。 皆さんは、2月だけ1カ月の日数が短いのはなぜか疑問に思ったことはありませんか。   1年のカレンダーを見ると、各月1カ月の日数は30日や31日までありますが、2月だけ28日まで・・・閏年(うるう年)は29日まで・・・ですね。 ではなぜ、2月だけ日数が短 つづきを読む

外構照明のススメ③

こんにちは。 〔伝承の家〕設計の黒岩です。 今回は、外構照明のご提案③です。 樹木には“常緑樹”と“落葉樹”があり、“葉”の大きさや厚みが異なります。 一般的に落葉樹の葉の厚みは薄く、淡い緑色。光が当たると障子紙のように 光を柔らかく透過します。 一方常緑樹は葉が分厚く、光が透過しづらく下手にライト つづきを読む

今日は何の日?

こんにちは、「伝承の家」福島屋です。   いつの間にか以前と比べて日も延び、大寒も過ぎたこともあり寒さも少しは緩んできた気がします。   2月18日の今日は季節の指標(目印)である「二十四節気」の2番目の節気である「雨水(うすい)」です。 雨水とは「降る雪が雨に変わり、雪解けが始 つづきを読む

外構照明のススメ②

こんにちは。 〔伝承の家〕設計の黒岩です。 今回は、外構照明のご提案②です。 樹木の幹は“株立ち”と“幹立ち”に大きく分けられます。 ひとつの根元から複数の幹が分岐しているのが“株立ち”。 幹が根元から上部までひとつになっているのが“幹立ち”です。 “株立ち”の樹木をライトアップすると、幹は光を受け つづきを読む

バレンタインデーの由来★

こんにちは、「伝承の家」福島屋です。 今度の日曜日、2月14日はバレンタインデー。 そもそもなぜ、このようなイベントが生まれたのでしょうか。今回は、この謎を解いていきたいと思います。   その疑問を解くカギは、3世紀頃のローマにいたバレンタイン司祭にあります。(司祭・・・カトリックなどの聖 つづきを読む

椅子のススメ⑤

こんにちは。 〔伝承の家〕設計の黒岩です。 世界が認めた『ジャパニーズモダン』な椅子のご紹介です。   『籐丸椅子』~ラタンチェアー~ デザイナー:剣持 勇 発表:1960年 籐丸椅子は素材の籐を選別し、火であぶったり蒸したりしながら曲げてパーツを つくります。それらを組立、骨組みのかたち つづきを読む