*。…冬至…。*

こんにちは、「伝承の家」福島屋です。

12月に入り、すっかり日も短くなりましたね。しかし、北半球で1年のうち太陽の位置が最も低くなり、太陽の出ている時間も一番短くなる日・・・それは『冬至』です!

今年の冬至は12月21日です。

 

冬至には冬至風呂とも言われる、柚子をお風呂に浮かべたゆず湯に入るのが定番です。
冬至にゆず湯に入ると、風邪を引かない・病気にならないという言い伝えもあります。

 

冬至風呂を作るのに柚子が選ばれた理由としては、柚子の言葉の音が『融通』に繋がる・冬至という言葉と『湯治』をかけて縁起が良いとされていたといいます。

 

また、『冬至かぼちゃ』という言葉があるほど、冬至の食べ物として各地で親しまれているカボチャ。冬至にカボチャが食べられるようになったのは、運盛りと言われる「ん」の付く食べ物を食べると運気がアップする・・・という、こちらも語呂合わせ的な理由なのだそうです。

昔カボチャは南瓜(なんきん)と呼ばれていたので、間違いなく運盛り食材として設定されたようです。

 

ぜひ冬至には、カボチャを食べて運気を上げ、ゆず湯に入って健康を願ってはいかがでしょうか。