秋の風物詩「十五夜」

こんにちは、「伝承の家」福島屋です。

 

秋の夜空に浮かぶ、美しい月を眺める『お月見(十五夜)』。

2020年の十五夜はまさに今日、10月1日(木)です。

中秋の名月が見られる十五夜とは、旧暦(太陰太陽暦)の8月15日に当たり、それが現代の新暦(太陽暦)で10月1日に当たるという訳です。

 

 

夏が過ぎ、涼しくなり始めたこの時期に満月の月を見て楽しむのは日本の秋の風物詩ともいえます。

 

古来から月を愛でる習慣は日本にもありましたが、十五夜のお月見が広まったのは『平安時代』だそうです。

 

そんなお月見にお供えするものといえばススキ、月見団子、農作物(芋類)です。
このお供え物のもつ意味とは・・・気になったので調べてみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

ススキ:秋の七草の1つでもあるススキには、悪霊や災いなどから収穫物を守り翌年の豊作を願う意味が込められています。

 

お団子(お月見団子):月に見立てたお団子をお供えすることで月に収穫の感謝を表します。

 

農作物(里芋・栗):お月見は豊作を祝う行事でもあります。里芋・栗・枝豆など収穫されたばかりの農作物をお供えし収穫に感謝します。

 

お供え物にも、それぞれ意味があるのですね。

十五夜は一年で最も月が美しく見える特別な一日です。

今日はあいにくの曇りですが、夜には晴れるといいですね。

 

もし晴れた暁にはぜひ夜空を見上げ、美味しい和菓子を楽しんだり、月見酒をたしなむなど、楽しいお月見を過ごしてください。