短冊の色の意味とは

こんにちは、「伝承の家」の福島屋です。

 

来たる7月7日は七夕ですね。

 

「七夕」は『たなばた』『しちせき』とも読まれ、古くから行われている日本のお祭り行事です。

1年間の重要な五節句のひとつにもなっています。

 

そんな七夕、笹に願い事を書いた短冊を下げて飾りますよね。これは、江戸時代に寺子屋で学んでいた寺子たちが習字が上達するようにと『短冊』に書かれたのが始まりとされています。

 

 

この短冊には5色が使われます。

これは中国の陰陽五行説が元となっており、人間がまじめに生きる上で守るべき5つの徳のことだそうです。

 

では、この短冊の5色のそれぞれの持つ意味(徳)とは・・・

 

赤・・・「礼」父母や祖先への感謝の気持ち(家族の無病息災を願うときは迷わず赤ですね)

青・・・「仁」徳を積む・人間力を高める(自分の人間性を向上させるような願い事を書くとよさそうな色)

黄・・・「信」信頼・知人、友人を大事にする(周りの人との関わり方を向上させたいときにおすすめの色)

白・・・「義」義務・決まりを守る(仕事をうまくこなしたい等、生活をしていく上で守りたい事を書くのにぴったり)

黒(紫)・・・「智」学業に励むこと・向上を目指すこと(受験や資格取得、自分の苦手なこと、短所を直したいという願い事がおすすめ)

 

願い事によって何色の短冊に書くか使い分ければ、願い事も叶いやすくなりそうな気がしますね。

ぜひ、お試しください。