2月はなぜ短いのか?

こんにちは、「伝承の家」福島屋です。

皆さんは、2月だけ1カ月の日数が短いのはなぜか疑問に思ったことはありませんか。

 

1年のカレンダーを見ると、各月1カ月の日数は30日や31日までありますが、2月だけ28日まで・・・閏年(うるう年)は29日まで・・・ですね。

ではなぜ、2月だけ日数が短いのでしょうか。

疑問に思ったのでちょっと調べてみました。

 

今、私達が使っている太陽暦は大昔のローマ太陽暦が元になっています。

(※太陽暦・・・地球が太陽の周りを回る周期(太陽年)を基にして作られた暦)

 

太陽暦は1年が355日で29日が7つと31日が4つ、そして28日が1つとなっていました。

当時のローマ人は偶数は不幸を呼ぶ数字で、偶数を嫌ったため1カ月を奇数の31日と29日に分けて振り分けました。

また28日が1つあるのはFebruaryが死の神の名でもあったため、短い方が良いという理由でした。

それがシーザーの時代に「1年は365日」に改めされ、増えた10日分は各月に分配されました。

 

しかし、2月だけは上記の理由で短いままにされたそうです。

 

年の中で一番短い月は2月。

わかっていても、毎年毎年、2月は本当に早く過ぎていきます。

古代ローマの暦が、こうして現代を生きるわたしたちの生活に影響するのはおもしろいですね。