鯉のぼりの意味とは

こんにちは、「伝承の家」福島屋です。

来たる5月5日【こどもの日】に因んで、今あちこちで見かける『鯉のぼり』。

そもそも鯉のぼりには、どういった意味があるのか。今回は、この鯉のぼりについてお話します。

 

鯉のぼりは江戸時代に誕生したと言われています。

もともと武家で男の子が誕生したとき家の前に馬印やのぼりを立てて祝っていたものが、庶民にまで広がったもので、家に男児が生まれたことを天の神様にお知らせするための目印として鯉のぼりを掲げたとされています。

 

当初は馬印やのぼりを立てていましたが、一般に広まる際にのぼりに縁起のよい鯉の絵を描くようになり、それが現在の鯉のぼりとなりました。

鯉のぼりには男児誕生を神様にお知らせする目印の意味と、「この子を守ってください」という成長と出世の願いが込められています。

江戸時代から続く、日本独特の文化として今も端午(たんご)の節句(こどもの日)が受け継がれているのですね。

 

現在に至る鯉のデザインが、江戸時代の庶民によって考案されたものだったとは意外でした。