風呂のルーツ

こんにちは、[伝承の家]の福島屋です。

皆様、いかがお過ごしでしょうか。

 

さて本日は『風呂のルーツ』についてお話ししていこうかと思います。

世界的に見ても風呂好きと評される私達日本人ですが、そのルーツは意外と知らない方も多いのではないでしょうか。

風呂の起源として確認されているものは紀元前4000年頃に造られた浴室なんだそうです。

日本に渡ってきたのは6世紀と言われており、仏教とともに中国から伝えられました。

この仏教の教えの一つに『風呂に入ることは七病を除き、七福が得られる』という教えがあり、

寺院には僧や尼が使う為の浴堂が建てられました。

その後、貧しい人々も“施浴”という囚人や病人、貧しい人々へ解放された浴室で身体を清めるようになりました。

 

平安時代には、上級の公家の屋敷内に蒸し風呂を導入する様子も見られるようになりました。

 

江戸時代には銭湯が庶民の間で浸透していきました。

日本の銭湯は当時ほとんどが混浴であり、あの黒船のペリーも大変驚いたようで日本遠征記に記しています。

混浴禁止令なども発令されましたが大きく改善されることはなく、明治まで続いていきました。

 

明治も10年程過ぎた頃、従来のものより天井を高くした明るく開放感のある“改良風呂”ができ、

明治17年には風紀上問題ありという理由で、警視庁により従来の銭湯が廃止されました。

その後も着実に改良が進められ、現代では清潔で画期的なお風呂が当たり前のように定着しています。

自宅でアロマや入浴剤を楽しんだり、休日には日帰り温泉に行ってみたりと娯楽の側面も強いですよね。

 

果たして、100年後の日本のお風呂は一体どんな風になっているのでしょうか…。

 

ちなみに、昔は“湯”と“風呂”という言葉には明確な違いがあり、

湯はお湯に浸かることを意味し、風呂は蒸し風呂のことを意味していたようです。

 

皆様も今夜はゆっくりお湯に浸かりながら一日の疲れを癒してくださいね。

それでは。