軒のおはなし

「粋」展示場には深い軒があります。

 

 

 

 

 

 

 

軒とは屋根の端、外に張り出した部分のことを指しますが

今回はその「軒」についてお話させていただければと思います。

 

元来、日本家屋には深い軒を備えているものが多く見られました。

 

 

 

 

 

 

 

寺社建築をはじめ旅館など、今でも深い軒のある建物を目にすることもできますが

住宅という点では、ここ最近は軒の短い家が多くなってきたように思います。

それは何故でしょうか。

 

日本は雨の多い国です。

外壁に自然素材(板壁や土壁など)を使っていた頃には

この雨に晒されることによって板壁が腐ったり、土壁が崩れたりしてしまいました。

また、今のサッシのように開口部に気密性も期待できなかったため、

強風や台風などで雨が窓の隙間から吹き込んでしまう心配もありました。

そこで、軒を深くすることによって外壁を雨風から保護する建築様式が発達したと言われています。

また、太陽高度の高い夏には深い軒があることにより直射日光の室内への差し込みを遮り、

逆に太陽高度の低い冬には部屋の奥まで日差しを取り入れることができます。

エアコンのない時代においては、快適に過ごすためにこのような工夫が必要でした。

 

 

 

 

 

 

 

深い軒は、日本の風土に合わせて必然的に取り入れられていた知恵の結晶と言えますね。

 

しかし、現代建築において外壁材は目覚ましく進化し、

対候性・耐久性の優れたものが主流となって

雨風に直接曝されても建物の機能に問題がなくなってきました。

合わせてサッシなどの登場により気密性も向上し、雨が侵入するような隙間もほぼありません。

さらに敷地にゆとりがない分譲地型の土地も増え、軒の出を削ることによって

居住面積を目一杯確保する傾向にもなってきています。

 

そんな建築材料や設備の進化に伴って、

残念ながら昔ながらの深い軒のある家は減ってきてしまっているようです。

それではなぜ、私たちの「粋」展示場では深い軒を取り入れたのか。

その理由は大きく3つあります。

 

まずは外壁について。

「粋」展示場の南側の外壁には自然素材の木材を使っています。

やはり自然の手触りや見た目の美しさなど新建材には出せない味があり、

この感覚を大切にしたいという想いからあえて自然素材を使用しております。

もちろん防腐処理等は施していますが、できることであれば雨風にあまり曝したくない。

そこで軒を深く出すことによって外壁の保護をしております。

 

次に日差しについて。

確かに建物やサッシの断熱性能や遮熱性能は昔に比べ格段に上がっています。

エアコンをつければ夏も冬も関係なく快適に過ごせるでしょう。

しかし、それでは窓を開ける機会そのものが少なくなってしまいます。

窓を開け、風を入れ、季節の変化を肌で感じる。

深い軒があればエアコンに頼るだけではなく、

もっと五感を通して四季を楽しめることができると考えました。

また、室内の床材にも自然素材を使う場合、直射日光は反りや歪みの原因になります。

それを防ぐためにも深い軒は一役買っています。

 

最後にデザインについて。

日本家屋の美しさのひとつに、陰影があります。

一直線に延びる軒は建物の水平性を強調し、

そこから落ちる陰影によって建物に立体感とコントラストを生み出します。

まさに日本建築の伝統美です。

この美しさを多くの方と共有したく、深い軒を作りました。

 

まだまだ魅力はありますが、主な3つの理由をご紹介しました。

軒って本当に良いものですね。

 

いかがでしたでしょうか。

今回は伝承の家 「粋」展示場の深い軒についてお話させていただきました。

皆様にも是非「軒」について注目していただければ嬉しいです。