見極める。

皆様、こんにちは。
「伝承の家」の福島屋です。

先日、とあるテレビ番組で「死んだクジラのお腹から大量のビニール袋が!」といった内容が放送されていました。
調べてみると過去にも何度か、そういったケースがあるようでした。

クジラの死因は大量のビニール袋が胃の中に溜まり、十分な量の餌が摂取できなくなったことが原因とされています。

こんなにもビニール袋が私達の生活に普及している今現在ですが、こうなることを誰が予測できたでしょうか?

このテーマの中でふと頭をよぎったのが「ビニールクロス」の存在です。

現在、多くの建物に当たり前のように使用されているビニールクロスは、燃やすことができません。
熱分解すると有害なガスをたくさん放出してしまうためです。
よって、火災時は非常に危険なのです。

ビニールクロスは既に海外など一部の地域では使用禁止、廃止の動きが出ています。

また、アスベスト問題を例にあげれば、
アメリカでは80年代に廃止されていましたが、日本では2004年という時間のかかり方を見ても、
このままビニールクロスを生活の一部として、疑いなく使用し続けてよいのか疑問が残ります。

規制がかかるのは いつも問題が起きてから・・・だと思いませんか?

私たちが自分の居場所、そして自分の身を守るためには、自分自身で見極める力を持たなくてはなりません。
その為の知識として、福島屋のブログがお役に立てればと思います。

それでは。