自然素材の家

こんにちは、「伝承の家」の福島屋です。

今回は、自然素材の家についてお話しさせていただきます。

 

自然素材の家とは、一般的には、木の風合いあふれる内装の家や、高級感あふれる漆喰壁などを使用した家のことを言います。

 

また、化学物質を含まない自然由来の建材を中心にして造られるため、赤ちゃんからお年寄りまで、安心して暮らすことができます。

さらに肌触りが心地よく、天然木の温かみを感じられ、1年を通して快適に過ごせるのが最大の魅力です。

 

建材で言えば杉や檜、松などの無垢材や、漆喰や珪藻土などの壁材を指します。

当初、シックハウス症候群やアレルギー性疾患を予防する家として注目されていた自然素材の家ですが、近年ではそれらとは別に、家じゅうあふれる温もり感や、ナチュラルな中にも感じられる高級感など、様々な理由で改めて自然素材の家が注目されています。

 

 

当社のモデルハウスも天井や床などに檜や杉を、外壁や内装には漆喰や珪藻土などを使用しており、癒しと温もりのある空間となっています。

一度見に来た方も、再び足を運んで下さることも多くいらっしゃる程に、自然の魅力を感じられる…そんなモデルハウスです。

 

ぜひ皆様も一度、「自然素材の家」を体験しに来てください。