紅葉狩り

皆様、こんにちは。
「伝承の家」の福島屋です。

 

10月と言えば…紅葉狩り。

今回は、この「狩り」の意味を調べてみました。

 

➀元々は「狩猟」を指す言葉であったが、

狩りをしない貴族の台頭によって、山に入り色づいた木々を眺めることも「狩り」と言い出した説

➁貴族たちが草花を愛でる際、実際に手に取って眺めていたことによる説

➂鬼女「紅葉」退治の伝説

などなど、意外にもいくつか説があるようでした。

 

ちなみに➂の「鬼女紅葉」、長野県に伝わる伝説なんだそう。

 

皆様はどれが有力だと思われますか?

 

木々が色づき始めるにはまだ早いですが、

自然の多い地域でもありますから、紅葉狩りついでに展示場へもぜひご来店くださいませ。

 

それでは。