知って得をするマスクの話 ➀

こんにちは、「伝承の家」の福島屋です。

 

新型コロナウイルスにより、マスクは今や必需品となりました。

 

ただ、マスクの向きや表裏については違う人も多いようです。
私も今まではあやふやでした。

そこで今回は、マスクの付ける向きと表裏の見分け方を調べてみました。

 

➀ 上と下

まず確認したいのがプリーツの向きです。
プリーツのひだは広げたときに下を向く方を下にして付けるのが正解です。

ひだが上を向いていると、ゴミや水分がたまってしまい不衛生になります。

また、ノーズフィッター入りのものは、ワイヤーの入っている方が上となります。

 

➁ 表と裏

プリーツ(マスク)を開いたときに「山の形」になる方が外側(表)となります。

マスクは鼻を覆うので、山のようになっていないと付けにくいためです。

ちなみに、ゴムの位置では表裏の見分け方にはならないそうです。
ゴムの接着位置はメーカーによって違うので、一概に表裏を判断するのが難しいとか。

 

商品の説明もしっかり読むこともおすすめします。

 

次回は知ってて損をしない、マスクの正しい付け方、外し方をご紹介しますね。