看板完成

こんにちは、[伝承の家]の福島屋です。

 

先日、敷地内に看板が立ちました。

 

 

 

 

 

 

 

迫力ある大きな看板……!

看板が立つと、オープンがいよいよな感じがしますね。

「伝承の家」「福島屋」のロゴマークも映えて良い感じです。

 

では、せっかくお話も出たので、今回はロゴマークについてのお話を少しさせて頂ければと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

「伝承の家」のロゴは間取りをイメージした四角形を基本にしています。

四角形の一部が開口しているのは、開放感とおもてなしを表現するため。

書体は、「伝承」が単に過去の踏襲ではなく、「過去の知恵=暮らしやすさ」として今に活かされていることを感じて頂きたく、敢えて軽やかなニュアンスで作られています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「福島屋」のロゴには、

“末広がりする屋根の下に大きな福が呼び込まれるように”

という意味が込められています。

また、その下の福島屋の書体は、弊社が昭和4年に「福島屋商会」として設立し、

まだ住宅事業を始める前に使われていた酒瓶に書かれていた書体を用いています。

古のものを現代に活用する……これもひとつの「伝承」ですね。

 

新しく設置された看板は道路からも良く見えますので、

ぜひお近くをお通りの際にはご覧ください。

その際は是非、ロゴマークにもご注目くださいませ。