母の日のはじまり

こんにちは、「伝承の家」福島屋です。

気が付けばもう5月に突入!!本当に月日が経つのは早いですね。

 

5月といえば、忘れてはならない行事が『母の日』。今年の母の日は5月の第2日曜日にあたる9日です。

誰もが知っている行事ですが、母の日を祝う習慣はどのようにして生まれたかご存知ですか。

 

その起源には諸説ありますが、よく知られているのは

『100年ほど前のアメリカ・ウエストヴァージニア州で、アンナ・ジャービスという女性が亡き母を追悼するため、1908年5月10日にフィラデルフィアの教会で白いカーネーションを配ったのが始まり』という話です。

 

この習慣は1910年、ウエストヴァージニア州の知事が5月第2日曜日を母の日にすると宣言し、やがてアメリカ全土に広まっていき、1914年には5月の第2日曜日が『母の日』と制定されました。

 

ちなみに、日本で初めて母の日のイベントが行われていたのは明治末期頃。

1915年(大正4年)には教会でお祝いの行事が催されるようになり、徐々に民間に広まっていったと伝えられています。

皆さんもこのような歴史ある母の日には、母への日頃の苦労をいたわり、感謝を伝えてみてはいかがでしょうか。