森林伐採…実は環境保全!?

皆様、こんにちは。
「伝承の家」の福島屋です。

 

木造住宅を建てるにはたくさんの木が必要ですよね。

環境保全が推し進められている現代で
「森林伐採」って大丈夫なの!?と思われる方もいるかと思います。

 

しかし、実は森林伐採は環境を守ることに繋がっているのです!

まず、高齢な森林より若い森林の方がCO2の吸収量が多いです。

若い木を植林などでどんどん増やし、その一方で樹齢を重ねた木を積極的に伐採し、住宅として活用する。

植林→育林→間伐 このサイクルが環境保全の取り組みの一つになるのです。

 

また、日本は森林が国土の6~7割を占める森林大国であり、使うべき森林資源が豊富にある状況でもあります。

そんな中私達に求められることは、それらの木々を有効利用し、管理していくことなのですね。

 

ということで、安心して木造住宅を検討していただければと思います。

それでは。