木が持つ性能

こんにちは、[伝承の家]の福島屋です。

皆様、いかがお過ごしでしょうか。

 

今回は、前回に引き続いて『無垢材』のお話しをしていきたいと思います。

 

まず、「無垢材」と「新建材」の違いですが

「無垢材」は丸太から使用する形に切り出したもの、つまり表面から内部まで天然の木でできた木材のことです。

「新建材」は新しく生まれた技術や加工方法によって作られた建築材料のことで、

例えば薄く剥いた板を接着剤で張り合わせたものや、

その上からビニールやプラスチックなどを張り付けたものがあります。

 

それぞれ、メリット・デメリットがあります。

新建材は、化学物質によりシックハウス症候群を引き起こす恐れがありますが、

建築基準法の改正により様々な基準が設けられ、ホルムアルデヒドの放出量が低い製品も出ています。

また、新建材は安価でありながらも収縮が少なく品質が安定しており、扱いやすいのがメリットです。

 

では「無垢材」はどうなのか…詳しく掘り下げていきたいと思います。

まず、無垢材は収縮・膨張します。

そしてこの機能が室内の湿度を一定にする働きをしてくれています。

一方で割れを起こしてしまう場合もあります。

ですがこの割れも、断面を貫通していたり接合部やその付近に生じている場合は要注意ですが

背割れや表面に生じている割れは、強度への心配はないといわれています。

 

また、床に敷くと傷がつきやすいというのが特性でもありますが

傷つきやすいということはやわらかいということです。

木材は衝撃を吸収してくれるので、

万が一身体をぶつけた時や、台所での家事等の足腰の負担も軽減してくれます。

 

他にも、健康への良い影響があります。

木に含まれるフィトンチッドという香り成分は血圧低下や脈拍の乱れの減少、

さらにはストレスホルモンの減少など様々な効果が認められています。

また、ダニやその死骸、フンにはアトピーやぜんそくなどのアレルギー性疾患を引き起こす恐れがありますが、

木の香りにはダニの行動・繁殖を抑制する効果があります。

さらには、マウスを使った実験でも金属やコンクリート製のケージより

木製ケージで飼育されたマウスのほうが生存率が高かったとのデータもあります。

このような結果になったのは“熱伝導率”の違いが影響したのではないかといわれています。

木は熱伝導率が低いです。

これは住宅には適していると言え、

熱伝導率が低いということは温度が伝わりにくいということ、

すなわち体温を奪うこともなく室内の温度も逃げないということになります。

木材は断熱性能もありますので室内を快適に保ってくれる優れものなのです。

 

 

このように無垢材にはたくさんの良さがあります。

少しでもご興味をもっていただけたら幸いです。

 

“環境が人をつくる”という言葉がありますが、それは家も同じです。

快適な住環境を、ぜひ皆様と考えていけたらと思います。

 

展示場へのご来場もお待ちしております。

 

今回は少し長いお話しになってしまいましたね。

 

それではこの辺で。