月とうさぎ

皆様、こんにちは。
「伝承の家」の福島屋です。

 

この時期はお月見など月を見る行事がありますが、

「月とうさぎ」の関係はご存知でしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

小さい時から「月にはうさぎが住んでいる」なんて話を見たり聞いたりしたことがあるかと思いますが、

これらは“お月さまに行ったウサギ”という物語がもとになっているとのことです。

 

どんなお話かと言いますと…

 

昔々あるところに、さる・きつね・うさぎの3匹が仲良く暮らしていました。

その3匹はある日神様のところへこんなお願いをしに行きました。

「来世は人間にしてください」と。

神様は「ならば自分の食べ物を人間に与えなさい」と言いました。

 

さるは木に登り木の実や果物を、

きつねは川で魚を採りました。

 

しかしうさぎは一生懸命に食べ物を求め野山を駆けましたが

見つけることができませんでした。

 

手ぶらで戻ったうさぎは、2匹に責められました。

「ごめんね、でももう一日だけ待って」と言い残しうさぎは山へ駆けていきました。

再び戻ったうさぎが手にしていたのは「枯れ葉」。

うさぎは「今からご馳走を焼くから火をつけておくれ」と言いました。

火が付くと、「食べ物は見つけられなかった。だからこの身体を人間に食べさせておくれ」と言い、

燃える火の中に飛び込みました。

 

しかしその時、

空から神様が舞い降り、うさぎを抱きあげました。

そしてこういいました。

「さるもきつねも素晴らしいことをしたのだからきっと人間になれるだろう。

でもうさぎはもっと素晴らしい。自分を犠牲にして人間に食べさせようとした。

だからうさぎはお月様の中でいつまでも幸せにしてあげよう。」

 

こうしてうさぎはいつまでも幸せに暮らしたとさ…というお話です。

 

このお話は青森の民話ですが、

この民話のもとになるお話が古代インドの説話とも言われています。

こちらもまた少し違ったお話になっていますので、ご興味のある方はぜひ調べてみてください。

 

晴れている日は久しぶりに月を見上げてみようかなぁ…なんて。

それでは。