日本の伝統色【茄子紺】

こんにちは。
〔伝承の家〕設計の黒岩です。
“日本の伝統色シリーズ”【茄子紺】(なすこん)
伝統工芸に見られる大正の流行色

 ごく暗い紫。藍染めの染料は濃く染めると染め上がりの表面が赤みを帯びて
藍の青色と干渉して紫色に見える性質があります。
染料が由来の「紫根」(明治期以降は「紫紺」)の色名で呼ばれていましたが、
ナス科の茄子の実に色がよく似ていることから、この風情のある色名が大正時代に
流行しました。現在でも着物や焼き物に広く用いられます。