日本の伝統色【緋色】

こんにちは。
〔伝承の家〕設計の黒岩です。

“日本の伝統色シリーズ”【緋色】(あけいろ・ひいろ)
日本人の魂に根差す、赤い色

茜染のわずかに黄みがかった明るい赤色。もとは緋(あけ)、真緋(あけ)といわれ、
「明かし(明るい)」が語源という説もある赤に通じています。赤は、太陽(天照大神)、
火、血を象徴し、古来、日本人が魂の根源とした神聖な色。現代でも巫女装束として、
緋袴が用いられています。火色とも書き、「思ひ」のひにかけて熱い情熱を表す色ともいわれます。