日本の伝統色【浅葱色】

こんにちは。

〔伝承の家〕設計の黒岩です。

“日本の伝統色シリーズ”【浅葱色】(あさぎいろ)

江戸時代に普及した緑みの薄い青

青緑系が少ない日本の伝統色名において、広範囲に使われたであろう

代表的な色名です。タデ科の蓼藍(たであい)で染め、藍染めのなかでは

甕覗(かめのぞき)に次いで薄い色です。ネギの若葉の色といわれますが、

実際には緑というよりも薄い藍色です。

江戸時代になると、この緑がかった青色は一般に広く普及し、とくに江戸勤番の

地方の下級武士が羽織の裏に※浅葱木綿を用いたことが知られています。

夏に似合う爽やかな色ながら、浅葱裏は野暮の野暮の代名詞として不粋な人を

揶揄する名称でした。

※浅葱木綿:浅葱色に染めた糸を使って平織りにした無地の木綿