日本の伝統色【水色】

こんにちは。

〔伝承の家〕設計の黒岩です。

日本の伝統色【水色】(みずいろ)

古くから愛された淡水の色

薄い緑がかった澄んだ淡水の色。古くから親しまれた色で、

清冽で爽やかな印象があります。『万葉集』には水縹(みずはなだ)の

色名で詠まれており、水色とされたのは平安時代のこと。江戸時代には、

空色よりも淡い水色が帷子(かたびら)の地色として流行し、

夏の着物の色としても愛用されました。

織色は経糸が青、緯糸が白とされます。