日本の伝統色【撫子色】

こんにちは。

〔伝承の家〕設計の黒岩です。

“日本の伝統色シリーズ”【撫子色】(なでしこいろ)
大和撫子の由来にもなった花の色
 やわらかな薄紅色。秋の七草の一種で、可憐なピンク色をした撫子の花に
由来します。撫子は「撫でるように可愛がる愛しい子」という意味で、大和撫子という
日本女性の清楚な美しさをたたえる語にも転じました。また、大和撫子は河原撫子という
日本古来の植物の異名でもあります。『延喜式』や『出雲国風土記』に記述され、
『万葉集』に詠まれた花も河原撫子のことで、中国渡来の唐撫子(石竹)とは少し
色と形が異なります。平安時代には、襲の色目にも撫子の名称が用いられています。
色目は表紅梅、裏青などとされます。女性の優しさと華やかさ、そして野の花の可憐な風情が
込められた色名です。