日本の伝統色【女郎花色】

こんにちは。
〔伝承の家〕設計の黒岩です。

“日本の伝統色シリーズ”【女郎花色】(おみなえしいろ)
女性にたとえられる秋の七草の色

 秋の七草のひとつに数えられるオミナエシ科女郎花の花のように、
かすかに緑がかった黄色。女郎花は「思い草」ともいわれ、万葉の時代から
多くの歌に詠まれました。
平安時代の色目にもその名があり、『源氏物語』には
「紫苑色の花やかなるに、女郎花の織物と見ゆる、重なりて袖口さし出でたり」と、
秋にふさわしい襲(かさね)として登場します。女郎花の織物は、表の経糸が藍染め、
緯糸が刈安のような黄色。襲の裏は女郎花のガクを表す青緑だと考えられます。
2色で織った布は、角度や光の加減で豊かに色相を変化させます。