家づくりのはじめかた~土地探し・建築会社選び 編~

こんにちは、〔伝承の家〕ハウスアドバイザーの木島です。

展示場でお客様に良く聞かれるご質問に「家づくりの流れを教えてほしい」ということがあります。

確かに、お住まいづくりは一生に一度の方がほとんど。

まして家という大きなものをつくる時の手順なんて、なかなか想像できないですよね。

そこで、今回から何度かに分けて、【家づくりのはじめかた】と題して

住まいづくりの段取りをお伝えできればと思います。

少しでも皆様のお役に立てれば光栄です。

 

土地探し・建築会社選び

家づくりをはじめようと思い立って、最初にすることはなんでしょうか。

土地がない方は土地探し、既に土地を所有されている方は建築会社選びかと思います。

展示場にお越しのお客様からも「まだ土地がないので、まずは土地を探さないと」というお話をよく伺います。

今回は、この土地探しについてお話させて頂ければと思います。

 

ただ土地探しと言っても何から始めればいいのか…

日用品の買い物とは違ってそうそうある機会でもないですし、分かりづらいですよね。

土地の探し方といえば

①不動産屋に直接聞きに行く

がまず考えられます。

希望エリアの不動産屋に赴き、土地を紹介してもらいます。

ではこの選択で考えられるメリットとデメリットはなんでしょう。

メリット
地域密着の不動産屋ならではの知識や情報がある

希望エリアの周辺環境や周りに住んでいる方の人柄など、+αの情報が得られやすいのは大きいメリットですね!

信頼関係を築ければ、いち早く情報を入手できるかも

最初は希望の土地がなくても、物件が出たタイミングですぐに教えてもらえる可能性があります

デメリット
とにかく最初の敷居が高い
普段あまり足を運ぶ機会がないですし、不動産屋という重々しい言葉からも入店するのに勇気が必要かも…

不動産屋の善し悪しが分かりづらい
少ないとは思いますが、業者によっては「土地が売れればいい」という考えの会社もないとは言い切れません
建物を建てることを前提で考えてくれる業者でないと、いざ建築の計画をする際に問題が発覚なんてことも

自ら何社も回る必要がある
ひとつの不動産屋が紹介してくれる情報には限りがありますので、必要に応じて何社も回る必要が出てきます

 

さて次に

②インターネットで土地情報を探す

という方法があります。

最近は土地情報をWebサイトで検索できるので、まずはここからという方も多いのではないでしょうか。

メリット
気軽に物件情報を探すことが出来る
好きな時間に好きなだけ、自分のペースで物件を探すことが出来ます

複数の不動産屋の情報が一挙に手に入る
わざわざ何社も回らなくても良いので、お忙しい方は助かりますね!

デメリット
記載された情報しかわからない
面積や最寄り駅など記載されている情報は問題ないですが、それ以外の、周辺の細かな状況などは分かりません

結局のところ、不動産屋に問い合わせないといけない
土地情報を調べることはできても、最終的に申込や契約は不動産屋にいかないといけません
考え方によっては二度手間とも

その土地の善し悪しの判断がしづらい
条件的には良くても家を建てるとなるとちゃんと建つのかなど、善し悪しの判断がしづらいかもしれません

 

最後に

③建築会社に土地探しもサポートしてもらう

という考え方です。

自分が建てたいと思った建築会社に、土地を集めてもらって紹介を受けるという方法ですね。

メリット
自分から不動産屋やインターネットで情報収集しなくてもいい
条件を伝えれば、建築会社の担当者が土地を探してきますので余計な手間が掛かりません

家を建てることを前提とした良質な土地が集まる
建築会社は家を建てることを念頭に探すので、予算や周辺環境なども考慮された土地が見つかりやすいです

申込や契約、決済までスムーズに行える
担当者が不動産屋との間に入りリードしますので、心理的な負担が軽減されます

デメリット
基本的には土地を探してきた建築会社で家を建てる
土地だけ探してもらって、他の建築会社で建てる…というのはなかなかしづらいものです
基本的には土地探しと建築は同じ会社にお願いするというのが良いかと思います

全ての建築会社で土地探しをサポートしてくれるわけではない
建築会社によっては土地探しを行わないところもあるので、注意が必要です

 

お勧めとしては

③建築会社に土地探しもサポートしてもらう

です。

まずは信頼のおける、そして自分の理想の家づくりを叶えてくれる建築会社を探さないといけませんが、その後の流れは一番楽だと思います。

特に土地を住宅ローンで購入される際は、申し込みの際に建物のラフプランと概算の見積もりが必要となります。

条件に合う土地が見つかっても、そこから建物の建築先を探しているようだと、その間に他に検討されている方に先を越されてしまうかもしれません。

建築会社に土地探しを依頼すれば土地と建物を同時進行で進められるため、そのようなリスクも少なくなります。

購入が決まって住宅ローンを組むときにも、(通常であれば)一人の担当者が土地購入から建物の最終金支払いまで通しで準備や調整をしてくれます。

意外とこのローン関係の手続きが難しく、お客様によっては面倒に思われてしまうことがありますので、担当者が一括してサポートしてくれるというのは非常に大きなメリットとなります。

 

また、建築会社で土地探しを依頼する際には、その担当者もしくは上司などが「宅地建物取引士」の資格を持っているかも重要なポイントです。

次回は、この資格についてお話させて頂ければと思います。