外構照明のススメ⑤

こんにちは。

〔伝承の家〕設計の黒岩です。

今回は、外構照明のご提案⑤です。

『庭木は“自然な月明り”で照らす』

庭木を美しくみせるのは、自然な明り。

夜の光と言えば月明りです。上から下へと光を落とすのが自然です。

ところが、庭の照明器具の大半は地面から設置されてしまうため、

下から上への光となっています。光の方向が上下反転し、影の方向も反転してしまいます。

“自然”ではなく“不自然”なものの見え方になってしまいます。

上から下に光を落とすには、建物の外壁にスポットライトを取り付ける手法があります。

ただし外構工事が始まってからでは、外壁に照明器具を取り付けられません。建物の設計段階から庭の明りも考え、建築工事として外壁の最適な位置にスポットライトを

取付ましょう♪

庭の明りを先に考えるか、後回しにするか・・・

光と影の方向で庭の夜景は劇的に変わります★