五月晴れ

こんにちは、「伝承の家」の福島屋です。

 

新緑や若葉が輝き、風薫る5月がやってきました。

 

さて、5月付近によく聞く「五月晴れ(さつきばれ)」という言葉。いつ使う?どんな晴れ方なの?と気になる方もいるのではないでしょうか。

 

 

実は元々は、旧暦の5月に「梅雨の合間の晴れ」を指す言葉でした。つまり、5月より6月に使う言葉だったのです。意外ですね。

 

しかし、その言葉通りの意味で「(新暦の)5月の晴れ」という意味で使われる、いわば【誤用】が広まりました。

それが定着したことで、現在ではその使い方も正しいとされるようになり、辞書でもそのように記載されることが多くなりました。

 

俳句の季語としては「5月の晴れとするのは誤用」という考え方もありますが、基本的には5月の晴れた空を「五月晴れ」と表現していいそうです。

 

 

また、「さつきばれ」と読む場合には、旧暦5月の梅雨の合間の晴れを指し、

 

「ごがつばれ」と読む場合は、新暦5月のよく晴れた日を指すケースもあるそうです。

 

 

一般的には、「ごがつばれ」と読む機会は少なく、「さつきばれ」と読むことが正しいとされる場面が多いですが、言葉が時代の流れに応じてどんどん変化していくことを考えると、今後は「ごがつばれ」と読むことも当たり前になるかもしれませんね。