バレンタインデーの由来★

こんにちは、「伝承の家」福島屋です。

今度の日曜日、2月14日はバレンタインデー。

そもそもなぜ、このようなイベントが生まれたのでしょうか。今回は、この謎を解いていきたいと思います。

 

その疑問を解くカギは、3世紀頃のローマにいたバレンタイン司祭にあります。(司祭・・・カトリックなどの聖職位の一つ)

当時の皇帝は兵士たちの結婚を禁止していました。

その理由は「愛する人を故郷に残した兵士がいると、士気が下がってしまうから」というものでした。

 

しかしこれを受け、キリスト教司祭のバレンタインはこの政策に反対し、ひそかに結婚をさせてあげていたのですが、皇帝に知られてしまった結果、2月14日に処刑されてしまいます。

死後、司祭は“聖バレンタイン”と呼ばれる聖人にキリスト教会から認定され、恋人たちがプレゼントを贈りあったり、告白する日となっていった・・・と言われています。

 

余談ですが皆さんは「〇〇チョコ」いくつ知っていますか。

本命チョコや義理チョコという言葉はよく聞きますが、チョコを贈る相手や気持ちによってその名称はどんどん多様化しています。

 

本命チョコ・・・好きな人や恋人に贈るチョコ

義理チョコ・・・本命以外の人に贈るチョコ

世話チョコ・・・お世話になった人に感謝の気持ちを込めて贈るチョコ

マイチョコ・・・自分のために用意するご褒美チョコ

友チョコ・・・友達に贈るチョコ(交換することも多い)

ファミチョコ・・・家族に贈るチョコ

逆チョコ・・・男性が女性に贈るチョコ

 

皆さんはいくつ知っていましたか。