「木に囲まれた吹き抜け空間の焼杉の家」進んでおります

皆様、こんにちは。
「伝承の家」の福島屋です。

先日、「木に囲まれた吹き抜け空間の焼杉の家」の見学に行ってきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

辺りは静かでありながらも、脇に流れる透き通った川の水の音は心地よく耳に届き、

深い緑に覆われた木々が 春から夏への移り変わりを感じさせました。

 

そんな日本らしい自然に寄り添うように馴染んだ家、が 第一印象でしょうか。

 

日本文化と言えば「和」。

「和」には「互いを大切にする」という意味があります。

 

景色を乱すのではなく、景色の一部となり 調和する。

建築における「和」とはこういうことなのかなぁ…なんて思いました。

 

そんなわけで、

「木に囲まれた吹き抜け空間の焼杉の家」は 完成に向けて順調に進んでおりました。